コーヒーを嗜むライドがしたくて

まいど、mumuhiromuです(^^)いつもご覧いただきありがとうございます。

第31話。

以前のライドで。

mumuhiromu.hateblo.jp

f:id:mumuhiromu:20201114210036j:plain

こんな絶景を見ながら、コーヒーを飲むって…

なんか、カッコよくない?

と思って、ちょっとかじってみたお話です。

 

f:id:mumuhiromu:20201212035934j:image

【目次】

 

コーヒーグッズ

コーヒーを嗜むためのグッズをいくつかゲットしました。

 

ポーレックスコーヒーミル2ミニ

f:id:mumuhiromu:20201212151245j:image

どうせ飲むなら、挽きたての美味しいコーヒーが飲みたいと思い、ゲットしました。

これで2人分のコーヒー豆が挽けます。

愛用のサドルバッグ

mumuhiromu.hateblo.jp

これにも十分納まるサイズです。携帯するのには丁度よい。これさえあれば、旅先でも気軽に美味しいコーヒーが飲めます。

いつかは自転車でソロキャンプしたいと思っている私。その時に重宝しそうです。

ただ、しばらくは旅では使わず、家飲みや水筒に入れて楽しみたいと思います。

 

コーヒー豆(マイルドカルディ)

カルディで購入。

f:id:mumuhiromu:20201212071923j:image

この豆は店頭で配られているコーヒーと同じ豆だとか。コロナ禍で最近は試飲できなくなりました(-_-;)

カルディで一番人気の豆で、味は試飲で確認済み。美味しい!

1袋200g 536円(税込)

私は1回作る(2人分)のに25gくらい使用するので、8回分あります。

1人分の単価なら33.5円!コスパもいいですよ(^^)

(ちなみに、美味しく飲めるのは買ってから1ヶ月くらいだそうです。)

 

コーヒードリッパー(袋付き)

f:id:mumuhiromu:20201212090944j:image

こちらも携帯しやすいよう、袋付きの物をチョイスしました。

円錐形のペーパーフィルター専用。これにより、挽いたコーヒー豆に余すことなくお湯が浸透し、より深い味わいのコーヒーを嗜むことができます。

f:id:mumuhiromu:20201211212118j:image

 

 

カフアコーヒーボトル


f:id:mumuhiromu:20201212154235j:image

コーヒーを入れて持っていくのに。

色は私の大好きなモビルスーツ百式」色の「ゴールド」

保温性も高く、ポーレックスコーヒーミル2で入れれる2人分の量に丁度良いサイズです。

 

 

 

 

 

 

入れ方

1.コーヒー豆を挽きます。1人分で約12g。私は2人分挽くので、25gくらいの豆を入れます。

f:id:mumuhiromu:20201212080341j:image

そしてグルグルとハンドルを回し、豆を挽きます。

 

2.ボトルをお湯で温めます。これにより保温性が更に高まります。

 

3.ボトルのお湯を捨て、ドリッパーをセット。ペーパーフィルタを付けて挽いた豆を入れます。

f:id:mumuhiromu:20201212080442j:image

 

4.少しお湯を入れて豆を蒸らします。

f:id:mumuhiromu:20201212080457j:image

 

5.お湯を注ぎます。(2人分300〜400ml?)

f:id:mumuhiromu:20201212080522j:image

 

 

まとめ

今まではインスタントコーヒーばかりだった私。

初めて挽くことからやってみましたが、ズボラな私でもそれほど面倒ではありませんでした。

 

部屋中にコーヒーの薫りが漂い、好きな人にはたまらないですね。挽くのが楽しみで休日の朝の習慣になりました(^^)

 

ちなみに、今回ご紹介したボトルは妻からのプレゼントでした(^^)

パッケージが何か期待させられる外観でトキメキます(^^)

f:id:mumuhiromu:20201212091014j:image

外で飲む時はもちろん、家でもこのボトルにコーヒーを入れておけば、入れる手間一回で一日中飲むことができるので便利です。

 

また、普段から缶コーヒーを買いがちな方なら、これさえ持ち歩けば、お小遣いの節約にもなります。

 

ドライブにも(^^)

f:id:mumuhiromu:20201212104832j:image

サイクリングにも(^o^)

f:id:mumuhiromu:20201216094223j:image

いい感じです♪

 

 さぁ、目指すは絶景の目的地!

 

そこでの至福の一杯、早く味わいたいな(^^)